はじめの一歩の難しさ

何かをはじめる時、最初の一歩を踏み出すのは、なかなか難しいと感じませんか?
0→1を生み出すことの労力は、並大抵のものではありません。

かく言う僕も同じで、やりたい事があったとしても、最初の一歩が億劫だったり、ハードルが高かったりとなかなか踏み出せない事が多かったのです。

ですが、ちょっと考えてみたら、あることに気が付きました。

それは、最初の一歩が大きすぎるということ。

あまりにも大きな一歩を描き過ぎて、自らハードルを上げていたため、結果何もできていない自分に幻滅していたのです。

例えば、マラソンを走りたい!と考えたとしましょう。
普通は、いきなりフルマラソンはムリですよね。普通は。
それなのにフルマラソンをいきなり目指している自分がそこにいた訳です。

ではどうすれば良いのか?

最初の一歩を「小さく」すれば良いわけです。
本当に大事なことは、一歩前に進むことなわけです。
0→1ではなく、0→0.01でOKなんです。

今までの自分なら、そんな一歩では納得出来ない、もっともっと!と思いながらも、その一歩を踏み出していなかったかもしれません。

今は小さな一歩でも認めることができるようになりました。

この「認める」ということは、コーチングの重要なポイントなんです。
コーチは小さな一歩と、行動したという事実をしっかりと認めます。

認められると人はまた「頑張ろう」と思うものです。
そうすることで、より早く目標達成をすることができるのです。

さあ、どんな小さな一歩を踏み出していきましょうか?

Follow me!

トライアルセッションについて

コーチングってどんなものなんだろう。

自分が受けても意味があるのかな。

そういった方のために、トライアルセッションを実施しています。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です