キッカケの作り方

今日もワクワクしてますか?

バカ熱ミライサポーター オリハラです。

今日は「キッカケ作り」について考えてみたいと思います。

きっかけとは、「切っ掛け」と書くようで、何かを始める手がかりや糸口の事。
原因や動機の事を言うそうです。

さて、先日はじめの一歩について書きましたが、そもそもはじめの一歩を進めるために必要なことが、きっかけ(原因や動機)ではないでしょうか?
そういった物が無ければ、「一歩を踏みだそう」などと考えることすら無いと思います。

さて、「きっかけ」ってどうやったら作れるのか?
いくつかポイントがあると思います。

1.本を読む
最も簡単にできる方法と言えば、本を読むことでしょう。
興味のあるジャンルや好きな作者であれば、読書は捗ります。また、そこから得られるものも多いでしょう。
読んだ本から何を感じ、考え、それを何かを始めるきっかけとすることは、きっとこれまでも経験したのではないでしょうか。

2.一人で考える
一人でゆっくりと物事を考える。これは重要です。
トイレの中で物思いに耽る人が多いのは、一番落ち着ける場所がそこであり、ゆっくりと考えるという意識を持てるのでしょう。
僕の場合は、車での長時間移動が毎月あるので、その時に音楽も消して高速道路を急がず走りながら考える。
そんな時にふっとアイデアややりたい事が降ってくる場合が多いです。

3.人と会う、話す
最も動機付けされやすい方法です。特にポジティブな人、メンター的な人、目標達成に向けて頑張っている人などに会うのは、自分自身の考えを整理し、モチベーション・やる気を高めたり、行動に繋がるきっかけになります。
コーチングを受けることもこれと同じ効果があります。

その他にもきっかけ作りはあると思いますが、有効なきっかけ作りには共通項があると考えています。
その共通項については、またの機会に。

さあ、どうやってきっかけを作っていきましょうか?

Follow me!

トライアルセッションについて

コーチングってどんなものなんだろう。

自分が受けても意味があるのかな。

そういった方のために、トライアルセッションを実施しています。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です